富士松鶴千代稽古場
新内富士松鶴千代のトップページ
鶴千代の魅力
新内富士松鶴千代の公演の模様
新内富士松鶴千代へのお問合せ
 
新内富士松鶴千代の魅力
父 富士松芳太夫、
母 富士松鶴之助 共に新内界の実力者であった。
鶴千代師も胎教を受け、新内界に育ち天分を発揮

芸事開始(長唄)
8才 日本舞踊開始
9才 義太夫、常磐津、清元、小唄、お囃子開始
10才 プロの道に入り、舞台出演
15才 新内の名取
16才 富士松鶴千代の名にてプロの世界入り
17才 小唄 蓼胡宇里の名取
18才 日本舞踊 坂東昭治の名取


 

   
昭和39年 ・歌舞伎座五月興行に十一代目故市川団十郎丈に認められ、自作自演の「鳶油揚物語」を女性では初めて出語りを勤める。
・NETTV(現在のテレビ朝日)「明日の風」故坂東好太郎様
・テレビ東京「邦楽百景」に出演
昭和44年 ・東京宝塚劇場5月興行、東宝歌舞伎座。故長谷川一夫様、山田五十鈴様主演の「下田の雪」に新内として出語り出演。
昭和46年 ・七月、三越劇場に於いて初のリサイタル開催。未曾有の盛会となる。故桂文楽師、坂東玉三郎丈の特別出演を得て、女流新内語りとして次第にその地位を固める。
昭和48年 ・新橋演舞場興行「雪路まつり」の「風流花表紙」の中で朝丘雪路様の「明烏」に新内出語り出演。
・十月十九日、銀座ガスホールにて鶴千代会開催。星由里子様、三田明様、榎本美佐江様の賛助出演を得て大盛況。
昭和49年 ・ビクター所属としてLP盤「蘭蝶」「明烏」が発売され大ヒットする。
昭和50年 ・新橋演舞場に進出。歌舞伎界から中村雀右衛門丈、片岡孝雄丈、女優佐久間良子様、草笛光子様、和泉雅子様。喜劇界から藤山寛美様等の応援出演があり、超満員の聴衆、新内の醍醐味を味わう。
昭和51年 ・二月、三越、松竹第一回提携「唐人お吉」朝丘雪路、沢村宗十郎の立方に、出語り出演。
・七月三越名人会。「明烏」故林家三平師。高英男様同座
昭和52年

・三越劇場にて久保田万太郎作詞、戌井市郎補綴新派公演「たけくらべ」「都風流」波野久理子様、菅原謙二様、安井昌二様出演に、出語り出演。

昭和53年 ・フランスのパリ・リドにて日仏芸能交換会に出演。パリジャンから「素晴らしい日本のシャンソン」に惜しみない拍手がおくられる。
・ビクターより新分野で遠藤実作詞作曲「恋路」「情け雨」等、新内演歌を発売、三越劇場にて発表会。
・三月、NHK・FM「チントンシャン春うらら」に故古今亭志ん朝師の相手として出演。その成果が人気を集め、七月より故斉藤明様、作並びに構成「お好み邦楽選」、加藤武様と二人で五十五年まで出演。
昭和54年

・十月、TBSテレビ鈴木治彦様司会の「奥様八時半です」に出演。

昭和55年

・一月、フジテレビ「小川宏ショー」新春特別番組「新内をきく」に出演。
・よみうりテレビ二時間ドラマ「海鳴りの果てに」-唐人お吉物語-佐久間良子様出演に音楽、新内指導で出演。
・三月、北日本放送、北日本新聞社後援富山県高岡市「鶴千代の会」開催。
・十二月、金沢北陸放送「日本列島ここが真中」の番組で「新春オールナイト・ここに二人の人ありて」小室等様とジョイント。

昭和56年 ・五月、NHKホールに於いて「江戸文化芸術祭」にダン・池田様、立川談志様、中村富十郎丈、室井馬琴師と共演。
・十一月二十九日、長年の夢であった歌舞伎座で昼夜5千人の聴衆を前に家元襲名披露が盛大に催される。
歌舞伎界より松本幸四郎丈の口上、市川海老蔵丈、故藤山寛美様、遠藤実様、中村勘九郎(現勘三郎丈)他各ジャンルより心温まる応援出演。
昭和57年 ・三月、歌舞伎座「中村雀右衛門の会」鶴千代作曲「廓の仇夢」「権八小紫」に出語り。出演者大谷友衛門丈、中村芝雀丈。
・四月、三越劇場にて美里会「明治一代女」中村富十郎丈他出語り出演。
・五月、三越邦楽会、「蘭蝶」沢村藤十郎丈と出演。
・七月、NHK「邦楽サロン」沢村藤十郎丈、篠ヒロコ様と共演。
・八月、飛騨の高山にて富士松鶴千代リサイタル公演。
・九月、名古屋松楓閣「邦楽名流会」出演。
・十月、三越劇場、鶴千代三十回記念リサイタル鶴千代作曲「丹頂千歳」藤間勘斎振付、立方、河原崎権十郎丈。
・十一月、三越「邦楽会」、故市川門之助丈の「お梅ざんげ」に出演。
・十二月、金沢北陸放送ラジオ「日本列島ここが真中」に永六輔様と共に四時間半出演。北陸放送主催「新内富士松鶴千代の会」を金沢にて催す。此の会は二年に一度、十年間続けている。
昭和58年 ・一月より金沢に「鶴千代新内教室」開設。
・三月六日、「邦楽フェスティバル」第一生命に出演。
・四月十三日〜十五日、徳島放送「阿波の鳴門」を語る。
・四月十八日、九州宮崎において中村富十郎丈「おさん茂兵衛」に共演。
・五月、修善寺「あさば」にて「花井お梅」を語る。
・七月二十一日〜二十七日、修善寺「あさば」出演。
・七月二十六日、三越劇場「富士松鶴千代門弟の会」中村芝雀丈、大谷友右衛門丈共演「明烏道行」を語る。
・八月十九日、銀座1ラ・ポーラ」にて1邦楽名人会」に推薦され「阿波の鳴門」「蘭蝶」を、演劇界藤田洋氏と対談。
・九月三日、修善寺「あさば」に再度出演する。
・九月七日、NHK「今日の邦楽」放送、「梅雨衣酔月情話」。
・九月二十五日、第三十一回リサイタル1富士松鶴千代の会」三越劇場にて故河原崎権十郎丈と共演。三十日、「三越邦楽会」鶴千代作曲「丹頂千歳」故河原崎権十郎丈の立方にて催す。
・十一月二十三日、金沢市金城楼にて富士松鶴千代リサイタルを催す。
昭和59年 ・二月二十五日、ビクター主催、中野サンプラザ「ビクター舞踊まつり」に故市丸様と共に出演する。
・五月十八日、「鶴千代の魅力」のタイトルで、新内「花井お梅」の通しと、蓼胡宇里の名で小唄、端唄七曲のレコーディング。
・十九日、NHK「お好み邦楽選」 で故今亭志ん朝師を相手に「広重八景」を語る。
・六月三日、潮来の慈母観音十年祭に、「阿波の鳴門」を奉納。
・七月二十二日、三越劇場において第三十二回リサイタルを開催。
・七月二十五日、NHK・FM「名物姥餅」放送。
・九月十九日、門弟の勉強会である美里会を、銀座ガスホールにおいて開催。
・十一月二十四日、金沢でリサイタル石川県婦人会館北陸放送の主催で開催。
昭和60年 ・二月、NHK・FM「明烏(上)」放送。
・三月、朝丘雪路様深水流、歌舞伎座公演にて鶴千代作曲「にごりえ」芝居で出語り。
・三月二十八日、三越邦楽会に故河原崎権十郎丈、故沢村宗十郎丈「明烏道行」に地方公演。
・五月二十五日、三越劇場第三十三回リサイタル。故河原崎権十郎丈、沢村藤十郎丈、加藤武様。
・六月十一日、毎日新聞「ルック」にプロフィールと談話が掲載される。
・七月、NHK邦楽番組「日高川」放送。TBSラジオ「いい人見つけた」一週間浜美枝様共演。
・九月初旬、ビクターより再度「蘭蝶」「明鳥」発売。
・九月二十九日、新内三十周年歌舞伎座記念公演。「富士松鶴千代の世界」。松本幸四郎丈、中村雀右衛門丈、故澤村宗十郎丈、澤村藤十郎丈、故市丸様
昭和61年 ・三月、三越邦楽会。
・四月、NHK・FM「お駒才三」放送。
・五月、NHK教育テレビ「邦楽百選」で「蘭蝶」を語る。五月、新内協会の会。
・七月、新潟にて「寿丹頂千歳」立方、三浦布美子様。
・九月、三越劇場第三十四回リサイタル、昼夜二回公演。中村富十郎丈、中村橋之助丈、山田吾一丈。
昭和62年 ・三月、新派百年祭、高島屋にて「残菊物語」先代中村勘三郎丈、山田五十鈴様共演。
・六月、深水流歌舞伎座公演にて「広重八景」出語り。立方、朝丘雪路様。
・七月、NHK・FM「明治一代女」放送。
・八月、「あさば」にて「婦系図」「さまようお夏」立方、吾妻徳彌様。
・九月、三越劇場三十五回記念リサイタル、中村富十郎丈、朝丘雪路様、故河原崎権十郎丈、清水彰様と共演、昼夜二回公演。
・十月、石川県立能楽堂に芸能講座講師として講演。
・十一月、NHK「おもしろゼミナール」田村亮様と出演。
昭和63年 ・一月、都民芸術フィスティバル20周年記念公演「能」宝生英雄師、「寄席芸能落語」故柳家小さん師と共に出演。
「日本舞踊」吾妻徳穂様出演。「邦楽新内」蘭蝶を語る。
・二月、NHK・FM「妹背門松」お染、放送。
・三月、新内歌謡曲「華の舞」レコーディング。
・四月、三越劇場三十六回リサイタル、朝丘雪路様、昼夜二回公演。
・四月、新内歌謡曲「お染久松」レコーディング。
・八月、修善寺「あさば」にて「伊太八」「玉菊燈籠」立方、吾妻徳彌様。
・十月、テレビ東京「芸と人」に出演、ゲスト、三井物産八尋俊邦会長と共に出演。
・十二月、NHK・FM「邦楽のひととき」で「明烏」放送。
平成元年 ・五月、NHK教育テレビ「芸能花舞台」で「三勝半七」を語る
・四月、三越にて邦楽会。「三勝半七」
・七月、「あさば」にて新内の夕べ。
・七月、三越特別公演、樋口一葉の世界「にごりえ」を語る。立方、故猿若清方宗家様、猿若吉代様。
・八月、「あさば」にて「花井お梅」立方、故猿若清方宗家様。
・十二月、「あさば」にて新内の夕べ。
・十二月、司会、高崎一郎様のテレビ東京「レディス4」に出演。
・十二月、歌舞伎座本興行「明鳥」に出語り出演。故澤村宗十郎丈、澤村藤十郎丈他。
平成2年 ・四月、NHK・FM「邦楽のひととき」にて「夜桜」放送。
・四月、国立大劇場にて「にごりえ」出演。
・六月、国立小劇場にて「花井お梅」。
・八月、テレビ東京「レディス4」高崎一郎様司会に出演。
・九月、三越劇場にて第四十回リサイタル、昼夜公演。朝丘雪路様出演。
平成3年 ・六月、NHK「芸能花舞台」に「お駒」を語る。
・七月、深水流歌舞伎座公演にて、寿丹頂千歳、唐人お吉、お蔦の出語り、立方、朝丘雪路様、竹脇無我様
・九月、ディナーショー赤坂プリンス主催。
・十月、飛騨の高山市民文化会館十周年記念事業「伝統の華」中村富十郎丈、市川団蔵丈、中村歌昇丈、西川扇蔵宗家様、西川均様、山川静夫様と共演。
・十一月、三越劇場にて二十周年記念公演「第四十二回リサイタル」を開催。尾上菊五郎丈、朝丘雪路様、山川静夫様、鈴木治彦様出演。
・十二月、「あさば」にて新内の夕べ。
平成4年 ・一月、NHK「邦楽ジョッキー」中村児太郎丈(現福助)司会ゲスト出演。
・二月、「あさば」にて新内の夕べ。
・四月、NHK邦楽百番「蘭蝶」を語る。
・七月、「あさば」にて新内の夕べ。
・九月、国立大劇場「唐人お吉」出語り
・九月、テレビ東京「レディス4」高崎一郎様司会に出演。
・九月、第四十四回富士松鶴千代の会、富士松芳太夫追善公演、出演、故澤村宗十郎丈、朝丘雪路様。
・九月、国立演芸場にて「日高川」竹本朝重様と掛合、一中節・都一いき様、河東節・山彦節子様共演。
・十月、新内同好会、吉田簑助様同座。
・十月、島根県美保神社音曲ご奉納。
・十月、サニーホール・桂子・故好江様共演。
・十一月、松葉屋、三遊亭円楽様、三遊亭鳳楽様共演。
平成5年 ・三月、NHK「芸能花舞台」明烏語る。
・四月二十日、草月ホールにて「にごりえ」朝丘雪路様共演。
・六月、北陸放送「ここが真ん中」に出演。
・七月、「あさば」新内の夕べ。
・九月、テレビ東京「レディス4」「江戸情緒女心唄う新内の魅力」に出演。
・九月、第四十六回富士松鶴千代の会、故猿若清方宗家様、三遊亭鳳楽様出演。
・九月、歌舞伎座、朝丘雪路様と共演。
・十月、国立劇場、邦楽鑑賞会「明鳥後真夢」語る。
・十月、国立劇場にて、「唐人お吉」「花井お梅」、立方、故猿若清方宗家様の会に出演。
・十一月、銀座ラ・ポーラにて富士松鶴千代の会、藤田洋様司会。
・十二月、ディナーショー、赤坂プリンス主催。
・十二月、有楢川 清水ディナーショー。
平成6年 ・二月、NHK・FMl「邦楽百番」花井お梅を語る。
・三月、都民フェスティバル、明烏語る。
・七月、「あさば」新内の夕べ。
・九月、NHKテレビ「芸能花舞台」三勝半七語る。
・十一月、テレビ東京1レディス4」出演。
・十二月、第四十八回富士松鶴千代の会、西川古柳座様出演。
平成7年 ・五月、食と文化の会「阿波の鳴門」華人形と共演。
・七月、歌舞伎座「お染半九郎」朝丘雪路様深水会出演。
・九月、有栖川清水にて「伝統芸能と秋の懐石」春風亭小朝様とジョイント。
・十月、小唄連盟より表彰。
・十月、NHK・FM「邦楽のひととき」小唄「初秋」他出演。
・十月、テレビ東京「レディス4」「江戸の粋新内おんな心を唄う」。
・十月、邦楽鑑賞会国立劇場「酔月情話」語る、各イベント、雑誌取材等。
・十月、第五十回富士松鶴千代の会。市川染五郎丈。
・十一月、松江にて公演。
・十一月、名古屋にて「鶴八鶴次郎」出演。
平成8年 ・一月、NHK・FM新春邦楽特撰。
・四月、「三越名人会 お梅」。
・八月、アメリカ国際交流ニューオータニ。
・九月、ディナーショー清水・赤坂プリンス主催。
・十一月、テレビ東京「レディス4」出演、他各イベント出演。
・十一月、第二十五周年記念公演を三越劇場にて。澤村宗十郎丈。
・十二月、甲府市民会館にて日本古典芸能探訪「蘭蝶」語る。
平成9年 ・二月、NHK邦楽のひととき小唄で出演。
・五月、新内鑑賞会三越にて「鶴八鶴次郎」
・八月、歌舞伎座、立方、五木ひろし様「おさん蔵兵衛」朝丘雪路様深水会出演。
・九月、NHK邦楽百番「鬼怒川物語」。
・十一月、テレビ東京「レディス」ディナーショウ車人形と共演(日高川)、赤坂プリンス主催。
・十一月、第五十五回「富士松島千代の世界」三越劇場。 尾上菊之助丈、山田吾一様共演
平成10年 ・二月、NHK邦楽のひととき小唄で出演。
・三月、都民フェスティバル「蘭蝶」。
・三月、名古屋観光ホテルにて蘭蝶・鶴八島次郎。
・五月、紀尾井ホールにて雨のテーマ
・五月、NHKテレビ「お江戸でござる」朝丘雪路様と共演。
・六月、銀座ガスホールにて一門会開催。
・九月、有楢川清水第六回秋の会「櫓のお七」創作発表・車人形と共演。
・十一月、テレビ東京「レディス4」「伝統に命をかける!新内・華人形・職人技」に出演。
・十一月、三越劇場題五十六回富士松鶴千代の世界。「雪国」創作発表、西川古柳座。
平成11年 ・四月、NHK「邦楽のひととき」小唄出演。
・十一月、三越五十八回富士松鶴千代の世界。
・十二月、ディナーショー、朝丘雪路様共演。
平成12年 ・三月、「楊貴妃」創作初演、井上靖記念館にて。
・四月、NHK「邦楽のひととき」小唄出演
・十月、テレビ東京「レディス4」出演。
・十一月、三越六十回富士松鶴千代の世界。
・十一月、雅楽と新内「楊貴妃」宮内庁楽部東儀兼彦楽長様共演。
・十二月、歌舞伎座大歌舞伎「蘭蝶」(二十世紀最後の演目)一ヶ月出語り出演。澤村宗十郎丈・坂東八十助丈。
平成13年 ・四月、NHK「邦楽のひととき」小唄出演
・十月、テレビ東京「レディス4」出演。
・十一月、三越六十四回富士松鶴千代の世界。「源氏物語」創作発表。
平成14年 ・四月、NHK「邦楽のひととき」小唄出演
・十月、テレビ東京「レディス4」出演。
・十月、邦楽鑑賞会、国立劇場出演。
・十一月、三越六十四回富士松鶴千代の世界。「平家物語」創作発表。
平成15年 ・四月、テレビ東京「レディス4」出演。
・五月、三越六十六回富士松鶴千代の世界。「義経弓流し」
・十月、NHK「邦楽のひととき」小唄出演
・十月、NHK「邦楽百番」「伊太八」語る。
・十月、婦人画報「家元とおんな・きもの正月」2005年新春号に掲載。
・十月、テレビ東京「レディス4」出演。
・十一月、三越六十八回富士松鶴千代の世界。「にごりえ」
平成16年 ・五月、青少年に贈る邦楽鑑賞会、文化庁後援。
・十一月、テレビ東京「レディス4」「たけくらべ」。
・十一月、三越六十八回富士松鶴千代の世界。樋口一葉集「たけくらべ」。葛の葉。
・十二月、NHK「邦楽のひととき」花井お梅。
・十二月、忠臣蔵創作発表。
平成17年 ・四月、小唄、ディナーショー。
・六月、島根美保神ご奉納。
・七月、ディナーショー、赤坂プリンス主催。
・十一月、二十七回ディナーショー、赤坂プリンス主催。「雪女」
平成18年 ・三月、邦楽フィスティバル、芸団協主催。
・五月、NHK「邦楽百番」「かさね」。
・六月、新内鑑賞会、紀尾井ホール。
・七月、ディナーショー、赤坂プリンス主催。
・七月、東京の夏音楽祭2006年江戸京子様、広尾於いて。
・八月、新内協会、夏期講習会
・九月、婦系図、新橋演舞場
・十月、ディナーショー、赤坂プリンス主催。
 

 毎年、三越劇場をホームグランドとしてリサイタルを重ね、「文学シリーズ」「新内風物語」等を試み、創作を発表している。
その他、テレビ、ラジオ、ワイドショウ等、各イベントに出演、ビクター専属として、レコード、カセット、CDを発表、各地に稽古場を持ち、21世紀も挑み続けて行きたい。


三越カルチャーサロン新内教室
第1・3(土) 15:30〜17:00
日本橋三越本店新館9階


名称: 富士松鶴千代稽古場
住所: 東京都世田谷区池尻3-18-26
TEL / FAX:(03)3487-7128
最寄り駅:東急田園都市線「池尻大橋駅」より徒歩5分

 
Copyrightc 富士松鶴千代オフィス